フォト
無料ブログはココログ

水田生物

2016年8月26日 (金)

水田生物(ホウネンエビ、カイエビ、シャジクモ)

せっかくなので記事を一つ。
水田には色々な生物がいますが、
田の土や水は農家の大事な財産なので安易に採集はできません。
また、多くの水田は除草剤や農薬がまかれているので、
生物多様性が低いです。

さて、どうしよう?と考えていたところ、
石田精華園さんで田の土を購入できることがわかりました。
今はネットで何でも買えますね。

複数の水槽や瓶にいれて水を入れたところ、
予想以上の成果を得ることができました。

43

ホウネンエビ(雄)です。
白色(透明)な個体なのでアルテミアに似ていますが、
こちらをご覧ください。

13

雄の頭部の把握器(雌を抱えるためのもの)です。
長く伸びているのは前額付属器です。
前額付属器の両側に第2触覚と第1触覚があります。
これらの構造はホウネンエビの特徴です。
ホウネンエビは田の土1リットルで5匹発生しました。

53

こちらはカイエビです。
カイミジンコの化け物みたいに見えますが、
構造はかなり違います。
カイエビには多数の体節がありますが、
カイミジンコの体節は不明瞭です。
カイエビは3匹発生しました。

63_3

カイエビの尾部です。
この形からカイエビ亜目とわかりました。

33

こちらはタイリクミジンコ、半円形の頭部が特徴的です。
ほかにケブカミジンコも発生しました。

23

カイミジンコです。
カイミジンコは複数種が発生しました。

181709153

こちらは水草(被子植物)に見えますが、藻類です。
シャジクモという名前です。
陸上植物に近い藻類とされています。

ほかにもボルボックス、ミカヅキモなど
色々な水田生物の撮影ができました。

カブトエビも発生すれば完璧だったのですが、
そこまで期待するのは贅沢かも。
ホウネンエビ、カイエビ、シャジクモを撮影できただけで
十分すぎるほどの収穫でした。