« 微細藻類の画像(植物プランクトンの顕微鏡写真集)を更新しました。 | トップページ | カニダマシに寄生していたエビヤドリムシ:伊豆半島 2019年3月 »

2019年6月 7日 (金)

モエビに寄生していたエビヤドリムシ 2019年3月 伊豆

1__3

エビヤドリムシという生物を知っているでしょうか?
とてもマイナーな生物だとは思いますが、
不思議な魅力のある甲殻類です。

エビヤドリムシはエビやカニに寄生する甲殻類で、
ダンゴムシ、ワラジムシ、ダイオウグソクムシなどと同じ
等脚類のなかまです。
等脚類のなかにヤドリムシ亜目という分類群がいますが、
これは別の寄生生物で、エビヤドリムシはウオノエ亜目に属しています。
このあたりは最近、分類の亜目、科レベルの分類の再編があったようで、
甲殻類の画像集のページ構成も修正が必要かもしれません。

さて、写真のヤドリムシは伊豆半島で採取したモエビに寄生していました。

21__1

親子みたいに見えますが、
寄生者と宿主です。
哺乳類などの寄生虫と比べて、
宿主に対してとても大きいです。
実際、このモエビは少し弱っていました。

モエビの頭胸部側面が青色に腫れていますが、
この部分には鰓があって、エビヤドリムシはそこに寄生していました。

3__2

これが寄生場所から外れかかっている状態です。
慌てて写真を撮ったので露出不足です。

4__25__2

この4枚の写真のうち、
右側が腹側、左側が背側なのですが、
ほとんど同じです。
等脚類とは思えないですね。
というか、これだけ見たら甲殻類とも思わないかも。
変形が著しいのが寄生生物の特徴ですね。

6__2

こちらは腹側を暗視野照明と明視野照明で撮影した画像です。
左側が暗視野、右側が明視野です。
明視野のほうが分かりやすいですが、
エビヤドリムシにも一応、脚があります。
矢印の部分です。
他の等脚類と同じく7対の胸脚があるみたいですね。

7__2

こちらの写真は脚の拡大画像です。

さて、このエビヤドリムシ。
エビヤドリムシ科に属しているのは間違いないですが、
属レベルの分類はさっぱりわかりません。
文献もあまりないですし、
そもそもエビヤドリムシに興味のある人が少ないかも。

ただ、寄生生物は面白いですね。

« 微細藻類の画像(植物プランクトンの顕微鏡写真集)を更新しました。 | トップページ | カニダマシに寄生していたエビヤドリムシ:伊豆半島 2019年3月 »

等脚類」カテゴリの記事