« ノコギリケンミジンコ(Eucyclops serrulatus)一碧湖:2019年3月 | トップページ | 微細藻類の画像(植物プランクトンの顕微鏡写真集)を更新しました。 »

2019年5月12日 (日)

書評:へんなものみっけ! 著者:早良朋氏

_1

昨日、国立科学博物館の大哺乳類展2を見学してきました!
鎖骨の有無などに関して骨格を比較してきました。
これだけの標本をまとめて見られるのは科博ならではですね。
スタッフの皆様、ありがとうございます。

さて、博物館の漫画といえば“へんなものみっけ!”です。

博物館で働く人々の日常を描いた作品です!
博物館というと色々な生物、物、資料を展示している場所という
イメージが強いですが、研究施設としての側面も大きいです。

いつ、どこに、何かが生息していた(存在していた)ことを
標本や資料として記録に残して
世界中の研究者や後世の研究者が利用できるようにする、
そういったことが博物館の使命だと思います。
単にコレクションを集めているだけじゃないんですよね~。

自然史系の博物館の基本にあるのは自然科学や分類学です。
最近は必要の無い学問扱いされることも多いですが、
そもそも人間にとっては最も大事な学問です。

例えば縄文人などの狩猟採集時代の人々は、
何が食料になって、何が毒かを知らなければ生きていけないわけで
それって分類学の始まりだと思います。

また、試料採取やコレクションも人間の本能と思います。
昔は昆虫採集で本能を満たしていましたが、
今は「ポケモン」ですね。
ポケモンは現代版の昆虫採集な気がします。

さて、話はだいぶ脱線しましたが、
「へんなものみっけ!」には、なりたかった私の理想の人生がありました。

登場人物も魅力的で、キヨス先生をはじめ、海洋生物や植物、
鉱物学などの様々な研究者が登場します。
彼らの楽しいこと、悩んでいること、大事なことに対して
いちいち感情移入してしまいます。
作者の早良朋氏のカバーエリアが非常に広いことに驚きです。

そして忘れてはいけない、薄井君、彼の自分探しも重要なテーマです。
彼の事務能力が私に備わっていたら、
私も研究者として生き残っていたかもしれない・・・。

その他にもポスドク問題なども書かれていて
この本がベストセラーになるような日本なってほしいなあ、と思いました。

個人的には「ツバメの神様」の話が好きです。
中学生のころ河原でシラサギを追い回していたことを思い出しました。

「ねこのしっぽラボ」でも、
たくさんの“いたんだ”を残していきます!

« ノコギリケンミジンコ(Eucyclops serrulatus)一碧湖:2019年3月 | トップページ | 微細藻類の画像(植物プランクトンの顕微鏡写真集)を更新しました。 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノコギリケンミジンコ(Eucyclops serrulatus)一碧湖:2019年3月 | トップページ | 微細藻類の画像(植物プランクトンの顕微鏡写真集)を更新しました。 »