« 高崎観音山丘陵(板鼻層)の巡検 | トップページ | 伊豆半島サンプリング:2019年3月 »

2019年3月16日 (土)

高崎観音山丘陵の土壌ダニ:2019年2月

高崎観音山丘陵の土壌(腐植)のダニ分析結果です。
例によって簡易ツルグレン装置でダニの抽出を行いました。

11
12

ユメダニ属(Epicrius sp.)と思われます。
ヤマトユメダニ(Epicrius nemorosus)かもしれません。
オモゴユメダニ(Epicrius omogoensis)の背板はもう少し丸いようです。

ユメダニ属ユメダニ科(Epicriidae)に属しています。
日本ダニ類図鑑によれば“顆粒突起から成る網目状紋理と
顕著な側方の隆起顆粒をもち”とあります。
また、第1脚に先端が球状の感覚毛を持つことも特徴とのことです。
腹面には、顕著な前胸板があり、後胸板はありません。
生殖板と腹板が融合しています。
雄と思われる個体も見つけました。
珍しいトゲダニなので解剖はせずに、
エタノール標本にしました。

21
22

アトツノダニ属(Asca sp.)と思われます。
クモマアトツノダニ(Asca nubes)かもしれません。
アトツノダニ属はマヨイダニ科(Ascidae)に属しています。
後縁に顕著な突起を持つことが特徴です。
後縁の突起から伸びる毛は羽毛状です。
生殖板の後縁は直線的で腹肛板が広いところなど、
細かな特徴も日本産土壌動物の記載と一致します。

31
32

ツヤトゲダニ属(Gamasiphis sp.)と思われます。
日本産土壌動物の“ツヤトゲダニ属の1種”のイラストに良く似ています。
ツヤトゲダニ属はツブトゲダニ科(Ologamasidae)に属しています。
背板は1枚で、周気管板と側胸板が融合しているように見えます。
背板と腹肛板が後縁で融合する様子は確認できていませんが、
ツヤトゲダニ属で間違いないと思います。
同じツブトゲダニ科のマルツヤトゲダニ属(Stylochirus 属)は
周気管板と側胸板が融合しません。

41
42
43

モリチョウコクダニ(Discourella silvestrisa)と思われます。
Discourella 属はイトダニ科に属しています。
背板中央の縦長の構造や、腹肛板の2対の網状彫刻肥厚域、
背板板の後端が左右離れて間に柔皮域がある特徴は
日本ダニ類図鑑の記載に一致します。
ただ、背板の3対の凹没部と外縁の毛の並びは確認できませんでした。
高崎観音山丘陵の試料からは複数個体が見つかっています。

51
52
53_2
54

ササラダニだと思います・・・。
ヒワダニに似ているのですが、背面の皺が不明瞭です。
かなり派手な特徴を持っているので、
当初は楽に同定できそう、と思っていたのですが苦戦しています。
見当違いの分類群なのか、珍しい種類なのか、
いつかは同定できるのでしょうか。

61
62

こちらも未同定のササラダニです。
タマゴダニの仲間に似ているのですが、
何しろ小さいので特徴がつかめていません。
未同定のササラダニが増えてきました。

71
72

体長0.92mm、大型のササラダニです。
ヨロイジュズダニ(Tectodamaeus armatus)と思われます。
日本産土壌動物の記載によれば、
ヨロイジュズダニの体長は0.94mmなので一致しています。
太い棘状の背毛が特徴的です。
後縁の背毛は前方の背毛よりも細いです。

81

ジュズダニ科の1種です。
ジュスダニ科を属レベルで確定するには肩突起の有無と、
脚の護毛の有無を調べる必要があるそうです。
次回、ジュズダニを見つけたら詳しく見てみることにします。
ただ、脚の脚の護毛の有無を判断するのは難しそうですね・・・。

91

コナダニです。
コナダニは勉強不足で科レベルでの分類が難しいです。
もうちょっと目が慣れないといけないですね。

とりあえず、高崎観音山のサンプリングでは
新たにダニを5属見つけることができました。
もう少し腐植が残っているので再チャレンジできそうです。

« 高崎観音山丘陵(板鼻層)の巡検 | トップページ | 伊豆半島サンプリング:2019年3月 »

土壌生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高崎観音山丘陵の土壌ダニ:2019年2月:

« 高崎観音山丘陵(板鼻層)の巡検 | トップページ | 伊豆半島サンプリング:2019年3月 »