フォト
無料ブログはココログ

« シャジクモ(Chara sp.)の観察 | トップページ | 茨城県、1月2日の深夜サンプリング »

2017年12月12日 (火)

ミドリムシ

1

今年の夏に宮城県の沼で採取したミドリムシです。
正確にはユーグレナ植物門(Euglenophyta)
ミドリムシ科、ミドリムシ属(Euglena sp.)です。

この写真のミドリムシは細胞内に棒状のパラミロンの結晶を2個持っています。
パラミロンは多糖類の一種で、栄養補助食品としても知られています。

眼点の近くからは鞭毛が伸びていますが、
写真に写すのは難しいです。

眼点の反対側は針状の構造になっています。
また、細胞はわずかにねじれています。

棒状のパラミロンを持ち、細胞がややねじれ、
後端部(眼点の反対側)が針状になっている特徴は
淡水微生物図鑑(月井雄二著)のEuglena tripteris に似ています。

2

こちらのミドリムシは東京都内の池で採取したものです。
さきほどの宮城県産の種(Euglena tripteris ?)と異なり、
小さな円盤状のパラミロンが多数あります。
後端部は細くなっていますが、尖ってはいません。

ミドリムシ(Euglena 属)としては一般的な形状なので、
種レベルの分類は難しそうです。

3_2

こちらは新潟県で採取した小型のミドリムシです。
左右の写真で形が違いますが、どちらも同じ個体です。

ミドリムシは鞭毛を使って泳ぐほかに、
ユーグレナ運動という特殊な運動を行います。
ユーグレナ運動は、細胞が細くなったり、太くなったりしながら、
芋虫のように這い回る運動です。
普段は鞭毛で遊泳しているミドリムシが
障害物などに挟まって遊泳できなくなったときに、
ユーグレナ運動が生じます。

ユーグレナ運動を言葉で説明するのは難しいですが、
紙の筒に例えることができます。

週刊誌でも新聞でも良いのですが、
紙をねじって棒のように丸めると細い筒ができます。
このとき、斜めにずらしながら丸めると、紙の筒は長くなります。
これがミドリムシの長く伸びた状態に相当します。

次に、丸めた紙の巻きを緩くしてみます。
そうすると紙の筒は太くなり、短くなります。
これがミドリムシの太くなった状態です。
ただし、実際には右の写真のように複雑に変形します。

ただ、変形したときに細胞内のパラミロンが明らかに邪魔そうなのですが大丈夫なのでしょうか?

« シャジクモ(Chara sp.)の観察 | トップページ | 茨城県、1月2日の深夜サンプリング »

藻類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604078/66148871

この記事へのトラックバック一覧です: ミドリムシ:

« シャジクモ(Chara sp.)の観察 | トップページ | 茨城県、1月2日の深夜サンプリング »