フォト
無料ブログはココログ

« 宮城県(万石浦、牡鹿半島)の微小甲殻類2017年8月 | トップページ | 甲殻類と土壌生物の画像集を更新しました。 »

2017年8月27日 (日)

万石浦と牡鹿半島のヨコエビ

宮城県牡鹿半島と万石浦周辺サンプリングの続きです。
今回はヨコエビの採取報告です。

01

こちらはケナガブラブラソコエビ(Aoroides longimerus)です。
解剖して第1咬脚、第2咬脚、第3尾肢の形状から確認しました。
牡鹿半島で2匹採取できました。

Photo

ハマトビムシ科です。
海岸から2km内陸の道路沿いの土壌から採取しました。
体長1cm程度です。
日本産土壌動物のマトリックス検索によれば、
オオハマトビムシ(Traskorchestia ochotensis)に近いのですが、
分布域や大きさなどに、かなり疑問が残ります。
ただ、1点、マトリックス検索の分岐を変えるとオカトビムシ
Platorchesita humicola)になります。
こちらのほうが安心感があります(^_^)

その分岐ポイントなのですが、
下の写真をご覧ください。

1

これは第6脚 基節板の写真なのですが、
わかりやすいように基節板だけを外したものが
さらに下の写真になります。

2

矢印の部分を“直角または突起がある”と解釈すると、
オカトビムシに流れて、“滑らかに湾曲する”と判断すると、
最終的にオオハマトビムシに流れます。

そこで、今度は絵合わせで確認するのですが、
日本産土壌動物のハマトビムシの図は詳細なので分かりやすいです。
日本産土壌動物のオカトビムシ(Platorchesita humicola)の
全体図から、第6脚 基節板に着目してみると、
上の写真に似ています。
今回採取したハマトビムシはオカトビムシ(Platorchesita humicola)と
同定して良さそうです。
ただ、日本産土壌動物の記載よりも若干大きいのが気になります。

一方の、オオハマトビムシ(Traskorchestia ochotensis)の図とも
比較してみると第6脚 基節板の形状が違います。

Photo_2

こちらはヒゲナガヨコエビです。
ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe sp.)で良いと思います。

01_2

こちらは万石浦の干潟で採取したメリタヨコエビです。
メリタヨコエビは小川 洋氏の“東京湾のヨコエビガイドブック”が詳しいです。

解剖してみたところ、第1触覚の副鞭は3節、第3腹側板は角張っていて、
第1咬脚は前節の上縁と下縁が突出していて、
第2尾節の背面に6本の棘があり、そして何より、
第2触覚鞭部に剛毛が多いので
ヒゲツノメリタヨコエビ(Melita setiflagella)でよさそうです。

02

こちらも万石浦の干潟で採取したメリタヨコエビです。

第1触覚の副鞭は1節で痕跡的、第3腹側板は丸みを帯びていて
小さな歯状突起が並び、第2尾節の背面に4本の棘があります。
“東京湾のヨコエビガイドブック”と第3腹側板の形状に違いがあるのですが、
シミズメリタヨコエビ(Melita shimizui)に近いです。
シミズメリタヨコエビ?(Melita cf. shimizui)としておきます。

03

こちらも万石浦の干潟で採取したメリタヨコエビです。
雌の個体した見つからなかったので詳細な同定ができないのですが、
第3尾肢の外枝が2節なのでヤシャヒメヨコエビ属(Abludomelita sp.)
としておきます。

キタヨコエビ科のようです。

トゲオヨコエビ属(Eogammarus sp.)に似ていますが調査中です。

Photo_3

こちらは牡鹿半島で採取した所属不明のヨコエビです。
一見、モクズヨコエビ科に似ているのですが、
第3尾肢が完全に双葉で、尾節板に切れ込みが無く、
カマボコ型をしてるところなどが異なります。

そのうち詳細な解剖結果をブログに載せたいと思います。

« 宮城県(万石浦、牡鹿半島)の微小甲殻類2017年8月 | トップページ | 甲殻類と土壌生物の画像集を更新しました。 »

サンプル採取紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604078/65717207

この記事へのトラックバック一覧です: 万石浦と牡鹿半島のヨコエビ:

« 宮城県(万石浦、牡鹿半島)の微小甲殻類2017年8月 | トップページ | 甲殻類と土壌生物の画像集を更新しました。 »