フォト
無料ブログはココログ

« トゲダニの鋏角(きょうかく) | トップページ | ホコダニ科(Parholaspididae) カマゲホコダニ属? 2017年3月焼津市 »

2017年3月12日 (日)

駿河湾(静岡市~焼津)の海岸生物

更新があいてしまいました。
この間に、静岡市~焼津の駿河湾で海岸生物の採取を行いました。


Dscf3296

写真は焼津港の親水公園 ふぃしゅーな です。
この場所は人工の潮だまりで、写真は干潮時の様子です。
人工海岸とはいえ駿河湾の北側は磯がなく砂浜が多いので
このような場所は助かります。

親水公園“ふぃしゅーな”では潮だまりの岩の上に堆積した泥の中から、
ブラブラソコエビ(Aoroides curvipes)、
アリアケドロクダムシ(Corophium acherusicum)、
トゲワレカラ(Caprella scaura)
などが見つかりました。

_3_x2

ブラブラソコエビ(Aoroides curvipes)です。
強大な第1咬脚が特徴です。

_7_x2

アリアケドロクダムシ(Corophium acherusicum)です。
腹節や第2咬脚の形状から同定しました。
詳細は後に報告します。

静岡市でも干潮時の泥の中から海岸生物を採取しました。
清水港~由比の近辺では
アリアケドロクダムシ(Corophium acherusicum)、
カマキリヨコエビ(Jassa 属)、
ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe 属)
などが見つかりました。

_41_x2
カマキリヨコエビ(Jassa 属)です。

_341_x1
ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe 属)です。
種不明です。胸脚などの詳細は後ほど。

特筆すべきなのは
三保でプランクトンネット採取を行ったところ、
ウミグモが採取されたことです。
ウミグモは浮遊生ではないと思いますが、
小さいので流されてしまったようですね。

_1_x4_01

今回採取されたウミグモです。
分類はまだ検討していません。
右側が頭だと思っていたのですが、左側が頭のようです。
不思議な生物です・・・。

_1_x4_02

こちらは同じウミグモが何かの拍子に脚を全部伸ばしたところです。
胸部が小さくてクモとはかなり形が違いますね。

静岡では、サクラエビと生しらすを食べました。
乾燥サクラエビのかき揚げも美味しいですが、
生サクラエビのかき揚げも美味しいですね。

« トゲダニの鋏角(きょうかく) | トップページ | ホコダニ科(Parholaspididae) カマゲホコダニ属? 2017年3月焼津市 »

サンプル採取紀行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604078/65003389

この記事へのトラックバック一覧です: 駿河湾(静岡市~焼津)の海岸生物:

« トゲダニの鋏角(きょうかく) | トップページ | ホコダニ科(Parholaspididae) カマゲホコダニ属? 2017年3月焼津市 »