フォト
無料ブログはココログ

« コナダニモドキとダルマダニとマダニ | トップページ | トゲダニの鋏角(きょうかく) »

2017年2月12日 (日)

土壌昆虫(コウチュウ目) 2017年1月群馬県

今年の1月に群馬県藤岡市で土壌を採取しました。
トビムシやササラダニに混じって多数のコウチュウを採取できました。
厳冬期なので土壌中で冬眠していたのかもしれません。

オサ堀に近い方法です。オサ堀と違うのは獲物のサイズかもです。
今回はツルグレン装置を使ったので獲物は数mm以下のサイズです。

1
このコウチュウはハネカクシ科(Staphylinidae)と思われます。
ハネカクシ亜科(Staphylininae)まで絞れるかもしれません。
羽が小さいのでコウチュウらしくないですね。
“日本産土壌動物 分類のための図解検索”によれば、
日本にはハネカクシ科2262種、ハネカクシ亜科が288種存在するそうです。
全くもって種レベルの同定ができる気がしません!

2
こちらもハネカクシ科(Staphylinidae)と思われます。
前種よりも腹部が太いです。

3
裏側です。

4
なんとなくゾウムシに似ているのですが、確信がないです。
昆虫は難しいです。
立体的なので撮影も難しいです。

6

7

こちらは科レベルでもよくわかりません。
体長1mmくらいなので、ミジンコ並みの大きさです。

昆虫は難しい・・・。

« コナダニモドキとダルマダニとマダニ | トップページ | トゲダニの鋏角(きょうかく) »

土壌生物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604078/64885802

この記事へのトラックバック一覧です: 土壌昆虫(コウチュウ目) 2017年1月群馬県:

« コナダニモドキとダルマダニとマダニ | トップページ | トゲダニの鋏角(きょうかく) »