2019年6月16日 (日)

カニダマシに寄生していたエビヤドリムシ:伊豆半島 2019年3月

1_tif

今回もエビヤドリムシの話です。
3月に伊豆半島の下田で採取したカニダマシに
エビヤドリムシが寄生していました。

宿主のカニダマシはおそらくイソカニダマシだと思います。
カニに似ていますが、異尾下目、ヤドカリのなかまです。
ハサミを含めて脚が8本しか見えないですよね。
ヤドカリは十脚目に属していて、
その名の通り脚は10本あるのですが、
尾側の一対の脚は小さくなっていて目立ちません。
また、よく見ると触覚が長く、
カニとは大きく違います。

つまり、カニダマシはカニではなくヤドカリの仲間で、
そこにエビヤドリムシが寄生していました。
カニ、ヤドカリ、エビとややこしいですね・・・。

右側の写真はデジカメ(TG5)でマクロ撮影したエビヤドリムシです。
こんな形をしていますが、
ダンゴムシやダイオウグソクムシと同じ等脚類のなかまです。

2_tif

こちらもデジカメで撮影したエビヤドリムシで、
腹側から撮影しています。
体節があるのでかろうじて甲殻類とわかります。

3_tif

こちらは寄生されていたカニダマシ。
というか、寄生虫の様子です。
矢印の位置にエビヤドリムシの一部が見えています。
家に持ち帰って詳細に観察してから、
エビヤドリムシの存在に気が付きました。

4_tif 5_tif

こちらは同じエビヤドリムシを実体顕微鏡で撮影した画像です。
少しずつ焦点をずらしながら撮影しました。
前回のモエビに寄生していたエビヤドリムシとは
ずいぶん形が違います。
モエビに寄生していたエビヤドリムシは左右非対称でしたが、
今回のヤドリムシは、ほぼ左右対称です。
体の周囲にひらひらのヒレのような構造があるのも特徴です。
腹部(右側)のヒレ状構造は特に目立ちますね。

6_tif

少し拡大した画像です。
体の両側に胸脚があるのがわかります。

7_tif

胸脚は斜めから見たほうが分かりやすいかもしれないですね。

8_tif 9_tif

こちらは暗視野照明で撮影した画像です。
暗視野のほうがヒレ状の構造が分かりやすいです。
右下の画像は腹側から観察した画像です。
腹側から見ると左右非対称であることが分かります。

2019年6月 7日 (金)

モエビに寄生していたエビヤドリムシ 2019年3月 伊豆

1__3

エビヤドリムシという生物を知っているでしょうか?
とてもマイナーな生物だとは思いますが、
不思議な魅力のある甲殻類です。

エビヤドリムシはエビやカニに寄生する甲殻類で、
ダンゴムシ、ワラジムシ、ダイオウグソクムシなどと同じ
等脚類のなかまです。
等脚類のなかにヤドリムシ亜目という分類群がいますが、
これは別の寄生生物で、エビヤドリムシはウオノエ亜目に属しています。
このあたりは最近、分類の亜目、科レベルの分類の再編があったようで、
甲殻類の画像集のページ構成も修正が必要かもしれません。

さて、写真のヤドリムシは伊豆半島で採取したモエビに寄生していました。

21__1

親子みたいに見えますが、
寄生者と宿主です。
哺乳類などの寄生虫と比べて、
宿主に対してとても大きいです。
実際、このモエビは少し弱っていました。

モエビの頭胸部側面が青色に腫れていますが、
この部分には鰓があって、エビヤドリムシはそこに寄生していました。

3__2

これが寄生場所から外れかかっている状態です。
慌てて写真を撮ったので露出不足です。

4__25__2

この4枚の写真のうち、
右側が腹側、左側が背側なのですが、
ほとんど同じです。
等脚類とは思えないですね。
というか、これだけ見たら甲殻類とも思わないかも。
変形が著しいのが寄生生物の特徴ですね。

6__2

こちらは腹側を暗視野照明と明視野照明で撮影した画像です。
左側が暗視野、右側が明視野です。
明視野のほうが分かりやすいですが、
エビヤドリムシにも一応、脚があります。
矢印の部分です。
他の等脚類と同じく7対の胸脚があるみたいですね。

7__2

こちらの写真は脚の拡大画像です。

さて、このエビヤドリムシ。
エビヤドリムシ科に属しているのは間違いないですが、
属レベルの分類はさっぱりわかりません。
文献もあまりないですし、
そもそもエビヤドリムシに興味のある人が少ないかも。

ただ、寄生生物は面白いですね。

2019年5月26日 (日)

微細藻類の画像(植物プランクトンの顕微鏡写真集)を更新しました。

32

 

約3年ぶりに微細藻類の画像
(植物プランクトンの顕微鏡写真集)を更新しました。

約700枚くらい画像を追加したのですが、
もともと5000枚以上の写真があったので、
10%~20%くらいの更新・追加です。

ここのところ甲殻類とか土壌生物に力を入れていたので、
藻類画像の更新は少なめです。

とはいえ、新しいグループとして
シャジクモの画像集ココリス(円石藻の化石)の画像集を追加しています。
他、ミクロコレウス(藍藻)ファコタス(緑藻)
ビテロクラミス(緑藻)ポリエドリオプシス(緑藻)なども追加しました。

もちろん、ボルボックスミドリムシなど既存のページにも
新しい写真を追加しています。

あと、今回からGoogle Chromeでレイアウトの
チェックを行うことにしました。
いままではIEでした。
Google Chromeで微細藻類の画像のサイトを表示すると、
ときどき文字サイズやフォントがおかしくなるバグがあったので、
これらの修正を行いました。

サラリーマン稼業の合間にちまちまと作業しているので、
なかなかデータベースの構築が進みませんが、
今後とも宜しくお願いいたします。

2019年5月12日 (日)

書評:へんなものみっけ! 著者:早良朋氏

_1

昨日、国立科学博物館の大哺乳類展2を見学してきました!
鎖骨の有無などに関して骨格を比較してきました。
これだけの標本をまとめて見られるのは科博ならではですね。
スタッフの皆様、ありがとうございます。

さて、博物館の漫画といえば“へんなものみっけ!”です。

博物館で働く人々の日常を描いた作品です!
博物館というと色々な生物、物、資料を展示している場所という
イメージが強いですが、研究施設としての側面も大きいです。

いつ、どこに、何かが生息していた(存在していた)ことを
標本や資料として記録に残して
世界中の研究者や後世の研究者が利用できるようにする、
そういったことが博物館の使命だと思います。
単にコレクションを集めているだけじゃないんですよね~。

自然史系の博物館の基本にあるのは自然科学や分類学です。
最近は必要の無い学問扱いされることも多いですが、
そもそも人間にとっては最も大事な学問です。

例えば縄文人などの狩猟採集時代の人々は、
何が食料になって、何が毒かを知らなければ生きていけないわけで
それって分類学の始まりだと思います。

また、試料採取やコレクションも人間の本能と思います。
昔は昆虫採集で本能を満たしていましたが、
今は「ポケモン」ですね。
ポケモンは現代版の昆虫採集な気がします。

さて、話はだいぶ脱線しましたが、
「へんなものみっけ!」には、なりたかった私の理想の人生がありました。

登場人物も魅力的で、キヨス先生をはじめ、海洋生物や植物、
鉱物学などの様々な研究者が登場します。
彼らの楽しいこと、悩んでいること、大事なことに対して
いちいち感情移入してしまいます。
作者の早良朋氏のカバーエリアが非常に広いことに驚きです。

そして忘れてはいけない、薄井君、彼の自分探しも重要なテーマです。
彼の事務能力が私に備わっていたら、
私も研究者として生き残っていたかもしれない・・・。

その他にもポスドク問題なども書かれていて
この本がベストセラーになるような日本なってほしいなあ、と思いました。

個人的には「ツバメの神様」の話が好きです。
中学生のころ河原でシラサギを追い回していたことを思い出しました。

「ねこのしっぽラボ」でも、
たくさんの“いたんだ”を残していきます!

2019年5月 5日 (日)

ノコギリケンミジンコ(Eucyclops serrulatus)一碧湖:2019年3月

1__2

ケンミジンコ第2段です!!
今回はノコギリケンミジンコ(Eucyclops serrulatus)です。
やはり伊豆半島の一碧湖で採取しました。
前回も書いた通りケンミジンコはとにかく動くので
生きている状態での撮影が難しいです。
とはいえ、エタノールで麻酔すると触覚が変な感じに曲がってしまうので、
やはり生きている状態で撮影したいです。

今回は奇跡的にフォーカスを変えての連続撮影に成功しました。
弱っていたのかもしれません。

2__1  
3__1

背面から同じ個体を撮影した画像です。
左右にある袋状の構造は卵のうです。

4__1

こちらは側面です。
ケンミジンコは水が少なくなると横向きになってしまうので
側面の撮影機会は多いです。

5__1

こちらは腹面です。
背面、側面、腹面の観察が終わったところで、
エタノールで麻酔して解剖します。
解剖は第4胸節と第5胸節の間に針を入れて切断するのですが、
今回はやや狙いを外してしまいました。
関節というよりは、第5胸節に針を刺してしまったようです。

6__1

とりあえず切り離した後体部です。
ノコギリケンミジンコは腹部が長いそうです。
たしかに、前回のアサガオケンミジンコの腹部よりも細長いですね。
ただ、切り方が悪かったのか、受精嚢(貯精嚢)がわかりません。

7__1

ノコギリケンミジンコかな?と思ったら尾叉を観察します。
2本の叉肢の外縁を観察するとギザギザの鋸歯があります。
この叉肢外縁の鋸歯はノコギリケンミジンコの特徴です。
日本淡水プランクトン図鑑のイラストにも一致するので、
この時点でノコギリケンミジンコしました。

8_5

続いて第5脚です。
相変わらず貧弱ですが、
アサガオケンミジンコの第5脚とはかなり違いますね。
日本淡水プランクトン図鑑のイラストにも一致します。

9_4_1

こちらは第4脚です。
なのですが、第4脚を外すときに第3脚もついてきてしまい、
どちらがどちらか分からなくなってしまいました。
なので第4脚?とします。

10_4

第4脚?の連結板と内肢先端の末節です。
日本淡水プランクトン図鑑の記載と矛盾しません。
内肢先端の太い棘の長さが異なるところは、
日本淡水プランクトン図鑑のイラストに一致します。

11_3

こちらが第3脚?です。
第4脚と第3脚は同じ形なので
はっきり言って区別できません・・・。

12_3

第3脚?の連結板と内肢先端の末節です。
内肢先端の太い棘の長さが異なっていて、
こちらが第4脚だったとしても
日本淡水プランクトン図鑑の記載に一致します。

13_1

ついでに第1触覚です。
アサガオケンミジンコのような膜状の構造はありません。

今回の解剖では残念ながらいくつか失敗をしてしまいました。
要領は分かったので、次は大丈夫だと思いますが、
もう少し練習が必要ですね。

2019年4月21日 (日)

アサガオケンミジンコ(Mesocyclops leuckarti):一碧湖 2019年3月

1__1

3月に伊豆半島の一碧湖で採取したケンミジンコです。
解剖を行った結果、
アサガオケンミジンコ(Mesocyclops leuckarti)と同定しました。

ケンミジンコは科レベルでの同定は容易なのですが、
属・種レベルでの同定は難易度が高いです。
というのも種レベルの同定には第4脚、第5脚や
受精嚢(貯精嚢)の拡大観察が必要なのですが、
これらの観察には解剖が必要なのです。

具体的には第4胸節と第5胸節の間くらいでケンミジンコを切断し、
第4脚を全体部から分離すればよいだけなのですが、
ケンミジンコ自体が1mm程度の生物なので実体顕微鏡下での解剖が必須です。

技術的には一般的なヨコエビの解剖よりも難易度が高く、
ダニの解剖よりは容易です。

2_

ケンミジンコは生きている状態での撮影も難しいです。
動きが速いのでフォーカスや位置合わせを行っている間に
どこかに行ってしまいます。
動きを封じるために水の量を少なくすると写真のように横向きになってしまいます。

3_

こちらは原面から見た画像です。
側面や腹面からケンミジンコを観察すると脚が発達していることがわかります。
この脚を一気に動かして水中をダッシュします。
ピペットで吸い込もうとしても水流に逆らって逃げてしまいます。
ただ、捕まえる方法は意外に単純で、
ケンミジンコが入っているビーカーの水を少しずつ抜いていくと、
水がほとんどなくなって自由に動けなくなるまでビーカーに留まるので
その状態でピペットに吸い込みます。
ケンミジンコの脚力か人間の知恵か、みたいな勝負です。

4_

さて、こちらは解剖後の結果です。
太い部分は腹部、二股になっている場所は尾叉と呼ばれます。
腹部には幾つかの節がありますが、その中でもっとも長い節は
生殖複合節と呼ばれます。
ここには受精嚢(貯精嚢)があります。

5_

受精嚢(貯精嚢)の拡大像です。
といっても、この写真ではどこが受精嚢か分からないですね・・・。
写真中央あたりに多角形の構造が多数集まった場所がありますが、
そこが受精嚢で、その輪郭をよく見るとアサガオの葉の形をしています。
つまり、受精嚢の形がアサガオの葉に似ているので
『アサガオケンミジンコ』の名前が付いたわけですね。

6_5

受精嚢よりも頭部側に第5胸節があります。
ここには第5脚があります。
写真は第5脚ですが、非常に貧弱です。
ただ、第5脚は種による違いが大きいので分類的には重要です。
日本淡水プランクトン図鑑のイラストと比較したところ、
羽毛状の棘が見難いもののアサガオケンミジンコとして
矛盾しないことがわかりました。

7_4

こちらは第4脚です。
甲殻類の脚は二肢型といって2本セット
(内肢と外肢)になっているのが基本なので、
左右合わせて4本あります。
第4脚は左右の脚の間の第4脚連結板と、
内肢の先端の末節を観察します。

8_4

第4脚連結板の拡大画像です。
たしか、左右の肢を連動させるための構造と聞いた覚えがあります。
ここも種による違いが大きいそうです。
一応、日本淡水プランクトン図鑑のイラストと同じような形でした。

9_4

こちらは第4脚内肢末節です。
こちらも日本淡水プランクトン図鑑のイラストと同じような形でした。

10_1

さて、最後に唐突ですが、第1触角の先端部です。
今までの解剖と全く関係ないですが、
アサガオケンミジンコ(Mesocyclops leuckarti)の場合、
ここに特徴があります。

すごく不明瞭な写真で申し訳ないのですが、
第1触覚の先端には薄い膜状の構造があり、
一部に半月型の切れ込みがあります。
この構造はアサガオケンミジンコ(Mesocyclops leuckarti)の特徴です。

結局、第1触覚を最初に見ておけばアサガオケンミジンコと
同定できるじゃないか、という話なのですが、
それであっても解剖して確認しなければならないのが分類学なんですよね。
とはいえ、アサガオケンミジンコかな?と思ったら
まずは第1触覚を観察すればよいのかな、と思いました。

 

 

 

 

2019年4月13日 (土)

伊豆半島サンプリング:2019年3月

3月14日~16日に伊豆半島に調査旅行に行きました。
主に下田付近で小さな生物の採取を行いました。
帰りに大室山によって火山巡検も行いました。

0_

良い天気でした!
ソメイヨシノではないと思いますが、桜も咲いていました。
TG5の深度合成モードで撮影した画像です。
花弁が少し2重になっていますね・・。
術写真じゃないので、まあ良い としましょう。

1_

まず訪れたのが下田エリアの爪木埼です。
写真の場所は爪木埼の北側エリアです。
とにかく海が奇麗でした。
波も穏やかだったので潮だまりでヨコエビを採取しました。

2__

こちらは爪木埼の別の場所です。
柱状節理で有名な場所です。
柱状節理を作る岩石は元マグマの火山岩です。
マグマが冷却するときに収縮によって亀裂が発達します。
このような亀裂を節理と呼びます。

3__

マグマの表面に対して垂直に節理が発達すると柱状節理になります。
6角形に亀裂が入るので柱状になります。
玄武岩質マグマが冷却するときによくみられますが、
ここの岩質は安山岩のようです。
安山岩が地下に板状に貫入した溶岩のようですね。

4__

この辺りは崩れた柱状節理の岩が転がっていて非常に歩きにくいのですが、
潮だまりでカニダマシなどを採取しました。
テッポウエビもいたのですが捕まえるときに失敗しました・・・。
うっかり鋏をつかんでしまい自切してしまいました。
エビ・カニを採取するときはソフトに扱わないといけないですね。
スナホリムシも捕まえました。
採取した甲殻類は現在冷凍中で観察待ちです。

この日は風が強かったのですが波が穏やかでよかったです。

5__

遠くに見える島は伊豆大島です。
昨年の調査旅行で行きました。

6_

右端に見えるのは爪木埼灯台です。
この時点で日が傾いてきて肌寒くなってきたので
1日目は終了しました。

7_

2日目は下田海中水族館周辺を探索しました。
赤根島の遊歩道を歩きます。
この日も風が強かった!

この辺りの岩質は凝灰岩みたいですね。
光が強くて色がわからないのですが、
淡い緑色をしているかもしれません。
緑色凝灰岩かもです。
層理がはっきりしているので水中堆積物かもしれません。
海底火山活動かな。
高温のマグマが海水に触れると急冷して自破砕溶岩という
特徴的な岩石ができたり、緑色になったりします。
グリーンタフもその一例ですね。

ところで、写真の露頭では断層を観察できます。
複数の断層が生じているので破砕帯といったほうがよいかも知れないです。

8_

断層を拡大しました。
逆断層かな。

9_

層理がよく見える場所です。
やはり水中堆積物かな。

10_

相変わらず波は穏やかで海はきれいです。
この場所でもヨコエビを採取しました。
砂浜でハマトビムシを採取したので、
GWにでも解剖するつもりです。
アミも採取できました。

2日目はここで終了です。

11_

最終日は火山巡検からです。
写真は大室山です。
夏なら緑色の草原が奇麗なのですが、春なのでしょうがないですね。
近すぎてよく分からないですが奇麗な円錐型をしています。
手前のリフトで登ります。
徒歩での登山は禁止だそうです。

12_

大室山の山頂火口です。
大室山はスコリア丘で5000年前の一回の噴火活動でできたそうです。
一回の噴火活動といっても数年間くらいは噴火が継続したようです。
伊豆半島北東部にはこのような小さな火山が70くらいも分布していて
東伊豆単成火山群などと呼ばれています。
大室山については様々な論文があると思いますが、私は
「およそ5000年前に東伊豆単成火山地域で起こった大室山噴火の推移と継続時間」
古谷野裕、早川由紀夫、町田洋(1996)地学雑誌、105(4) 475-484
という文献を読みました。
噴火活動の再現も書かれていて面白い論文でした。

ところで火口の中はアーチェリー場になっています。
風がないからかな。

13_

足元はスコリアがいっぱいです。
スコリア丘だから当然ですが、
昨年、伊豆大島で見た1986スコリア丘よりも規模が大きいですね。

14_

スコリアの写真です。
伊豆大島で得た知識によれば赤いスコリアは高温で酸化したものらしいです。
火口周辺のスコリアだから、当然といえば当然ですね。
スコリアは緻密で発泡が悪いように思えます。

15_

大きな岩、火山弾でしょうか。
表面には気泡が見られます。

16_

この部分はよく発泡していますね。

17_

これも火山弾でしょうか。
火口を一周する遊歩道に落ちていました。
落下の時にひび割れたように見えますが、
5000年間もここにあったのかな?
なんとなく新鮮そうなので遊歩道を作るときに現れたのかな。

18_

火山弾?の拡大です。

19_

見下ろすと伊豆シャボテン動物公園が見えました。
ここは周囲より少し高くなっています。
この部分には溶岩の湧き出し口があって、
ここから溶岩流が流出したそうです。
溶岩流は海まで達したそうですから、
この辺り一面、火の海になったでしょうね。
最近噴火した西ノ島みたいな様子だったのでしょう。

20_

写真中央に一碧湖(いっぺきこ)があります。
一碧湖も火山地形、というか火口です。
火口の窪地しかないのでマールに分類されています。
昨年、男鹿半島で見た一の目潟と同じですね。
この火口が活動したのは10万年前だそうです。
やはり東伊豆単成火山群の活動です。

なお、東伊豆単成火山群(伊豆東部火山群)の最も最近の活動は
1989年の伊東市沖の海底噴火です。
テレビで見た人も多いかもしれません。
この時の活動が沖合でよかったです。
このときの活動では手石海丘という海底火山ができました。
陸域で噴火が起きていたら激しいマグマ水蒸気爆発を起こして
一碧湖を小さくしたようなマールが誕生していたかもしれません。

21_

という訳で一碧湖に来ました。
ここではケンミジンコなどを採取しました。
珍しい藻類、ミクラステリアス(Micrasterias sp.)も採取できました。
ツヅミモ類が多数見つかったことから腐食栄養性の湖沼と思われます。

22_

一碧湖の崖(火口壁)では火山角礫岩の地層を見ることができます。
草が生えないように手入れしてあるみたいです。
ジオパークの見学者のためですね。

23__

最終日は最後に真鶴岬に行きました。
写真は三ツ石です。

24__

ここではカニ数種類とヨコエビを採取しました。
これらの甲殻類もGWに解凍して観察を行う予定です。
長期休みが待ち遠しいですね。

2019年3月16日 (土)

高崎観音山丘陵の土壌ダニ:2019年2月

高崎観音山丘陵の土壌(腐植)のダニ分析結果です。
例によって簡易ツルグレン装置でダニの抽出を行いました。

11
12

ユメダニ属(Epicrius sp.)と思われます。
ヤマトユメダニ(Epicrius nemorosus)かもしれません。
オモゴユメダニ(Epicrius omogoensis)の背板はもう少し丸いようです。

ユメダニ属ユメダニ科(Epicriidae)に属しています。
日本ダニ類図鑑によれば“顆粒突起から成る網目状紋理と
顕著な側方の隆起顆粒をもち”とあります。
また、第1脚に先端が球状の感覚毛を持つことも特徴とのことです。
腹面には、顕著な前胸板があり、後胸板はありません。
生殖板と腹板が融合しています。
雄と思われる個体も見つけました。
珍しいトゲダニなので解剖はせずに、
エタノール標本にしました。

21
22

アトツノダニ属(Asca sp.)と思われます。
クモマアトツノダニ(Asca nubes)かもしれません。
アトツノダニ属はマヨイダニ科(Ascidae)に属しています。
後縁に顕著な突起を持つことが特徴です。
後縁の突起から伸びる毛は羽毛状です。
生殖板の後縁は直線的で腹肛板が広いところなど、
細かな特徴も日本産土壌動物の記載と一致します。

31
32

ツヤトゲダニ属(Gamasiphis sp.)と思われます。
日本産土壌動物の“ツヤトゲダニ属の1種”のイラストに良く似ています。
ツヤトゲダニ属はツブトゲダニ科(Ologamasidae)に属しています。
背板は1枚で、周気管板と側胸板が融合しているように見えます。
背板と腹肛板が後縁で融合する様子は確認できていませんが、
ツヤトゲダニ属で間違いないと思います。
同じツブトゲダニ科のマルツヤトゲダニ属(Stylochirus 属)は
周気管板と側胸板が融合しません。

41
42
43

モリチョウコクダニ(Discourella silvestrisa)と思われます。
Discourella 属はイトダニ科に属しています。
背板中央の縦長の構造や、腹肛板の2対の網状彫刻肥厚域、
背板板の後端が左右離れて間に柔皮域がある特徴は
日本ダニ類図鑑の記載に一致します。
ただ、背板の3対の凹没部と外縁の毛の並びは確認できませんでした。
高崎観音山丘陵の試料からは複数個体が見つかっています。

51
52
53_2
54

ササラダニだと思います・・・。
ヒワダニに似ているのですが、背面の皺が不明瞭です。
かなり派手な特徴を持っているので、
当初は楽に同定できそう、と思っていたのですが苦戦しています。
見当違いの分類群なのか、珍しい種類なのか、
いつかは同定できるのでしょうか。

61
62

こちらも未同定のササラダニです。
タマゴダニの仲間に似ているのですが、
何しろ小さいので特徴がつかめていません。
未同定のササラダニが増えてきました。

71
72

体長0.92mm、大型のササラダニです。
ヨロイジュズダニ(Tectodamaeus armatus)と思われます。
日本産土壌動物の記載によれば、
ヨロイジュズダニの体長は0.94mmなので一致しています。
太い棘状の背毛が特徴的です。
後縁の背毛は前方の背毛よりも細いです。

81

ジュズダニ科の1種です。
ジュスダニ科を属レベルで確定するには肩突起の有無と、
脚の護毛の有無を調べる必要があるそうです。
次回、ジュズダニを見つけたら詳しく見てみることにします。
ただ、脚の脚の護毛の有無を判断するのは難しそうですね・・・。

91

コナダニです。
コナダニは勉強不足で科レベルでの分類が難しいです。
もうちょっと目が慣れないといけないですね。

とりあえず、高崎観音山のサンプリングでは
新たにダニを5属見つけることができました。
もう少し腐植が残っているので再チャレンジできそうです。

2019年3月10日 (日)

高崎観音山丘陵(板鼻層)の巡検

先月の初めの事ですが、群馬県の高崎観音山に行ってきました。
山名八幡宮に参拝することが目的です。
以前にここで参拝してから腰痛が良くなったので、
毎年お参りしています。

1p2020004

良い天気でした!

2p2020001

さて、山名八幡宮は高崎観音山丘陵の東縁にあります。
高崎観音山丘陵は平野からの高さは100~150m程度のなだらかな丘です。
白衣大観音や、観音山ファミリーパークが有名で、
南側はゴルフ場など開発が進んでいます。
一方で、雁行川などの小河川沿いでは板鼻層(新第三紀層)の露頭をみることができます。

まず、雁行川上流の“千人隠れ”というポイントに行ってみました。

3p2020010

落石防止のため近くに寄ることができず、
遠景写真になります。
分かりにくいですが、浸食によって下層がえぐられ小さな洞窟状になっています。
落ち武者が隠れたことが名の由来だとか。

41_p2020012

立ち入り禁止外の場所です。
凝灰岩層が浸食されて礫岩層が残っているようです。

この部分は渓谷になっていて冷たい風がながれています。
当日は暖かい陽気でしたが、谷底までは暖まらないみたいですね。
あるいは雁行川の冷水の影響かもしれません。

雁行川の川底には赤茶色の珪藻コロニーができていたので、
採取して顕微鏡で観察してみました。Planothidium lanceolatum(syn: Achnanthidium lanceolatum)や、
Ulnaria ulna(syn: Synedra ulna)などのおなじみの渓流生珪藻に混じって、
珍しい珪藻が見つかりました。

42_entomoneis_sp_2

Entomoneis sp.です。
生細胞なので細かな構造が見えにくいですが、
特徴的な形状なので属レベルでは間違いないと思います。
この珪藻のコロニーを見たのは初めてです。
今までは桧原湖で遺骸を数個体と海生の個体を見ただけでした。
こんなところに生息しているのですね。

5p2020090

雁行川を下っていくと立派な露頭がありました。
工事現場を避けて近くに寄ってみます。

6p2020015

浸食が続いているようです。
こういう場所では落石に注意が必要です。
新鮮な新第三紀層の露頭に近ずくと硫黄の匂いのような独特の匂いがします。
黄鉄鉱(FeS2)が風化して褐鉄鉱(FeO(OH)・nH2O )に変質するときに
硫黄が析出すると聞いたことがあります。
この硫黄が酸化して硫酸になると酸性土壌になったりするらしいですね。

7p2020029


貝化石層がありました!
白く見えるところが貝化石です。

8p2020017

少し近くに寄った画像です。
貝化石は断面で見えています。
風化が進んでいて取り出すのは難しそうです。
こういうところでは、化石の産状を観察することにしましょう。

9p2020026

まず分かることは二枚貝の貝殻が1枚ずつ分離していることですね(離弁)。
貝が死んだ後に、水流にのって貝殻が移動したことを示しているので、
異地性の貝化石ということになります。
また、貝殻の凸面が下向きになっていることも
堆積環境を考える上でのポイントになります。
また、貝殻以外に目を向けると、砂から礫まで堆積粒子の粒が不均質であることが分かります。
地学では淘汰が悪いなどと表現します。

海岸や河原を見てみれば分かりますが、
一定の流れが続いているようなところは粒子の大きさが均質になります。
これは流速によって運ばれる粒子の大きさが決まっているからですね。
一般に流速の大きいところから運ばれた堆積物は
流速が遅くなるにつれて大きな粒子を落としていくので堆積粒子の粒が均質になります。

逆に、土石流などのように大量の土砂が一気に流れてきて、
イベントが一瞬で終わるときなどは
体積粒子の大きさが不揃いになるでしょう。
なのでこういった淘汰度も過去の環境を推測するための重要な指標になります。

10p2020065

さて露頭を見上げてみると
層理面が張り出しているところがあり、
そこに葉の化石が露出していました。

11p2020076

ここも落石の危険があるので写真を撮るだけにしておきます。
広葉樹の葉みたいですね。
葉の隣に“穂”のほうな化石もあります。

この近辺で土壌(腐植)を採取できました。
次回は観音山丘陵のダニのまとめを行います。

2019年2月16日 (土)

土壌生物の採取方法(トゲダニ詰め合わせ):川崎市2019年1月

前回のブログ記事の続きです。
自作の“DIY簡易ツルグレン装置”で採取したダニとトビムシを紹介します。
サンプルの腐植はお正月に近所の公園(川崎市)で採取したものです。
昆虫の幼虫とトビムシ、それにトゲダニ類を採取できました。
ササラダニが少なかったことが今回の土壌群集の特徴ですね。

まず、ハエダニです。
ハエダニ科(Macrochelidae)、ハエダニ属(Macrocheles sp.)と同定しました。
ねこのしっぽラボでは、ハエダニ属は2017年5月の新潟以来、2年ぶり2個体目です。
とはいえ、それほど珍しい種類ではないと思います。

11_
12__2


背板前端が突出しているか、そうでいないかでクチナガハエダニ属(Holostaspella sp.)かハエダニ属(Macrocheles sp.)かが分かれます。
本種の場合、やや判断が難しいのですが、
“日本ダニ類図鑑”と“日本産土壌動物”のイラストと比較すると
背板前端が突出しないハエダニ属(Macrocheles sp.)として良さそうです。

背板前端の背毛が1本失われていますね。
完全な標本はなかなか難しいです。

右下の画像は鋏角ですが、
細長い羽毛状の毛束があります。
“日本産土壌動物”の検索図説ではこの毛束を持つのは
ホコダニ科(Parholaspididae)とハエダニ科(Macrochelidae)になります。

では、ホコダニ科とハエダニ科をどう識別するかというと・・・。

13_

こちらは周気管後端の気門の拡大写真です。
周気管後端がくるっと湾曲してます。
これはハエダニ科の特徴です。

対して、ホコダニの周気管後端は直線状です。
過去の記事“トゲダニ亜目 ホコダニ科 ホコダニ属(Holaspina属) 茨城県2018年1月”をご参照ください。

ハエダニ科はトビムシや昆虫を補食するそうです。
今回のサンプルからはハエ・アブ類の微細な幼虫が多数見つかったので、
これらを捕食していたのかもしれませんね。

続いてヤドリダニ科(Parasitidae)です。

21_
22_

背板が2枚に分かれていて、
大型の後胸板を持っています。
形態的にはEugamasus属に似ているように思います。

詳細な分類には背板毛と蝕肢の観察が必要なようですが、
ヤドリダニ科を初めて見たので見逃してしまいました。
なので、ヤドリダニ科の1種としておきます。
次回は属レベルまで持って行きたいですね。

ヤリダニ科(Eviphididae)です。

31_
32_

ナミヤリダニ属(Copriphis sp.)と同定しました。
“日本産土壌動物”のコガネムシダニ(Copriphis disciformis)の記載に似ています。
周気管板の後端が幅広く、生殖板の後縁に達します。
第2~4脚の基節間は離れています。
(近縁のセマルヤリダニ属(Evimirus属)は第2~4脚の基節間が狭いです)
トゲダニにしては同定が容易なタイプですね。

こちらもヤリダニ科ですが、第2~4脚の基節間が狭いです。

41_

こちらはセマルヤリダニ属(Evimirus属)と思われます。
同じ場所にヤリダニ科の2属が共存していたのですね。
ねこのしっぽラボではヤリダニ科自体が初で、
一気に2属記載できました。

イトダニ科の1種です。

51_
52_

Uroobovella sp.と思われます。
和名はタマゴイトダニ属でしょうか。
体長1.1mm。大きさ的にはキュウヒタマゴイトダニ(Uroobovella japanomarginata)に類似します。
日本ダニ類図鑑によれば胴長1.05mmとされています。
ただ、イトダニ科の同定は難しいので、
あまり自信がありません。
茶褐色で硬化が進んでいるので光が透過しにくく、
細かな構造の観察が難しいです。

小型のイトダニ科です。

61_62__2

Uroobovella属に似ていますが、
図鑑の記載を読んでいても、これだっ、という確信がありません。
幼体かもしれないですし、個体数を増やして確認したいですね。

ホコダニ科の1種です。

71_
72_

鋏角と気門の特徴を見る限り、
ホコダニ科なのは間違いないと思うのですが、
顎体突起と後胸板の有無を観察できていないので、
再観察が必要です。
採取地は家から徒歩圏内なので、後で採取しましょう。
蚊が発生する前に。

という訳でダニは終わりです。
初めて見るトゲダニが複数いたので満足度は高かったです。

続いてトビムシです。

81_

イボトビムシ科(Neanuridae)なのは間違いないですが、
細かな分類ができていません。
トビムシは多様性が非常に大きいので勉強が大変です。

91_

こちらはツチトビムシ科(Isotomidae)だと思います。
跳躍器が長いタイプですね。
トビムシの記載があっさりしていてすみません・・・。
興味が無いわけじゃないんですけど、
別の機会にちゃんとやりましょう。

«土壌生物の採取方法(DIY簡易ツルグレン装置)