フォト
無料ブログはココログ

2017年12月12日 (火)

ミドリムシ

1

今年の夏に宮城県の沼で採取したミドリムシです。
正確にはユーグレナ植物門(Euglenophyta)
ミドリムシ科、ミドリムシ属(Euglena sp.)です。

この写真のミドリムシは細胞内に棒状のパラミロンの結晶を2個持っています。
パラミロンは多糖類の一種で、栄養補助食品としても知られています。

眼点の近くからは鞭毛が伸びていますが、
写真に写すのは難しいです。

眼点の反対側は針状の構造になっています。
また、細胞はわずかにねじれています。

棒状のパラミロンを持ち、細胞がややねじれ、
後端部(眼点の反対側)が針状になっている特徴は
淡水微生物図鑑(月井雄二著)のEuglena tripteris に似ています。

2

こちらのミドリムシは東京都内の池で採取したものです。
さきほどの宮城県産の種(Euglena tripteris ?)と異なり、
小さな円盤状のパラミロンが多数あります。
後端部は細くなっていますが、尖ってはいません。

ミドリムシ(Euglena 属)としては一般的な形状なので、
種レベルの分類は難しそうです。

3_2

こちらは新潟県で採取した小型のミドリムシです。
左右の写真で形が違いますが、どちらも同じ個体です。

ミドリムシは鞭毛を使って泳ぐほかに、
ユーグレナ運動という特殊な運動を行います。
ユーグレナ運動は、細胞が細くなったり、太くなったりしながら、
芋虫のように這い回る運動です。
普段は鞭毛で遊泳しているミドリムシが
障害物などに挟まって遊泳できなくなったときに、
ユーグレナ運動が生じます。

ユーグレナ運動を言葉で説明するのは難しいですが、
紙の筒に例えることができます。

週刊誌でも新聞でも良いのですが、
紙をねじって棒のように丸めると細い筒ができます。
このとき、斜めにずらしながら丸めると、紙の筒は長くなります。
これがミドリムシの長く伸びた状態に相当します。

次に、丸めた紙の巻きを緩くしてみます。
そうすると紙の筒は太くなり、短くなります。
これがミドリムシの太くなった状態です。
ただし、実際には右の写真のように複雑に変形します。

ただ、変形したときに細胞内のパラミロンが明らかに邪魔そうなのですが大丈夫なのでしょうか?

2017年11月17日 (金)

シャジクモ(Chara sp.)の観察


シャジクモは普通の水草(被子植物)に見えますが、
シダ、裸子植物、被子植物に見られるような維管束はなく、
花も咲かせません。
陸上植物に比べるとはるかに単純な構造ですが、
藻類のなかでは際だって複雑な構造を持っています。

1

茎のように見える構造は主軸で、
節と節の間は節間細胞と呼ばれる非常に長い細胞でできています。
節の部分からは小枝が生じます。
小枝は節の部分から放射状に生じるので、
節から生じる小枝をまとめて輪生枝と呼びます。

上の写真の左側はシャジクモの上部の部分、
右側は付け根の部分です。

シャジクモ目(Charales)、シャジクモ科(Characeae)の代表的な属は
シャジクモ属(Chara)とフラスコモ属(Nitella)ですが、
シャジクモ属は小枝が分岐せず、フラスコモ属は分岐するといった違いがあります。
写真の種はシャジクモ属(Chara sp.)です。
石田精華園さんで購入した田土から発生しました。

直射日光を避けた明るい窓辺の瓶と、ベランダの水槽で栽培しました。

上側の部分を拡大してみます。

2_2

オレンジ、または褐色の果物の実のような構造がありますが、
これはシャジクモの生殖器です。
シャジクモの生殖器は藻類のなかでも最も複雑なもので、
雄性生殖器官と雌性生殖器官の区別があり、
どちらも多細胞でできています。

3

これは雄性生殖器官と雌性生殖器官を拡大したものです。
生殖器は節に近い部分の小枝にリング状に生じます。
雌性生殖器官が上側、雄性生殖器官が下側にあります。
シャジクモ属(Chara)は雌性生殖器官が上側、雄性生殖器官ですが、
フラスコモ属(Nitella)は雌性生殖器官が下側、雄性生殖器官が上側に付きます。

32
シャジクモ本体から切り離して、詳細に観察した画像です。
少しずつ焦点を変えて撮影した画像です。
上側のオレンジ色の部分が雌性生殖器官(生卵器)です。
雌性生殖器官には卵が入っていて、受精後に卵胞子(接合子)になります。
卵胞子は螺旋状の管細胞に覆われています。

雌性生殖器官の頂点には冠細胞があります。
シャジクモ亜科(シャジクモ属、シラタマモ属、ホシツリモ属)の冠細胞は5個、
フラスコモ亜科(フラスコモ属)では10個有ります。
不明瞭ですが、写真の種(シャジクモ属(Chara sp.))の冠細胞は5個です。

下側の赤い球形の部分は雄性生殖器官(造精器)です。
雄性生殖器官(造精器)は楯細胞、柄細胞、造精糸が球形の構造を作っています。

4

こちらは雌性生殖器官(生卵器)だけが並んだ部分です。
雄性生殖器官はシャジクモの頂点に近い部分だけに見られます。
少し根元側には雄性生殖器官がなく、雌性生殖器官(生卵器)だけがあります。
若い雌性生殖器官はオレンジ色です。

42

若い雌性生殖器官(生卵器)の詳細な画像です。
雌性生殖器官(生卵器)は小苞と呼ばれる細胞に保護されています。
緑色の細胞で、長さは雌性生殖器官と同程度、
花びら、またはガクのような構造です。

5

こちらは、少し根元に近い部分の雌性生殖器官(生卵器)です。
色が濃くなっています。
雌性生殖器官内部の卵胞子が成熟してきているのかもしれません。

52

やや根元に近い部分の雌性生殖器官(生卵器)の詳細な画像です。
生卵器自体の大きさに変化はないようです。

6

こちらは本体からこぼれ落ちた卵胞子(接合子)です。
卵胞子には螺旋状の構造があります。
種や属によって、卵胞子の形態は異なるようです。

ホシミドロなどの接合子と同じものと思いますが、
シャジクモ類の場合は特別に卵胞子と呼ぶようです。
卵胞子(接合子)は乾燥に耐えられる構造をしています。
実際、今回の試料は乾燥した田土(石田精華園さんで購入)から発生しました。
京都府産の水田が起源です。
石田精華園さんの周辺の水田にはシャジクモが繁茂しているのでしょう。

10

こちらは主軸の節の部分から小枝(輪生枝)が生じる部分です。
托葉冠と呼ばれる短いトゲのような細胞が
小枝の根元側に付いているのですが、
この写真では不明瞭です。
というよりも、托葉冠が小さく目立ちません。
主軸には螺旋状の構造があります。
主軸は皮層で覆われているようです。

11
主軸の拡大画像です。
主軸の本体は節から節までの間が1個の細胞でできています。
顕微鏡で観察すると、細胞内部の構造が原形質流動により、
高速で移動するのが分かります。
種や属によっては、主軸の表面が皮層で覆われます。
今回の種(シャジクモ属(Chara sp.))には皮層があるようで、
主軸表面に螺旋状の構造が見られます。

12
主軸の表面の拡大画像です。
多数の細胞がタイルのように敷き詰められているように見えます。
タイルのような構造が本当に細胞なのか、
細胞表面の構造なのか判断できませんでした。
資料を探しているところです。

13

こちらは小枝(輪生枝)です。
小枝(輪生枝)は皮層に覆われていないようで、透明感があります。
種や属によっては、小枝(輪生枝)の表面が皮層で覆われます。
主軸が皮層で覆われ、小枝(輪生枝)には皮層がない種は、
イトシャジクモ(Chara fibrosa)と、その近縁種です。
今回の種はイトシャジクモに特徴が似ているのですが、
托葉冠と苞が短い特徴が、イトシャジクモ(Chara fibrosa)と異なるため、
種レベルの同定は保留としました。

小枝(輪生枝)の先端は、複数のトゲのような細胞があり、
“冠状”となっています。
この構造も分類の役に立つそうです。

14

シャジクモの仮根です。
陸上植物のような本物の根ではないという意味で仮根と呼びます。
仮根部に白色の "球状体"を持つ種もあります(シラタマモ、Lamprothamnium succinctum)。

今回のコラムは下記の文献を参考にいたしました。

しゃじくもフィールドガイド
独立行政法人国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター 生物資源保存研究推進室 微生物系統保存施設

http://mcc.nies.go.jp/Chara2006/chara_fieldguide.htm

車軸藻の見分け方 | NIES コレクション
http://mcc.nies.go.jp/Chara2006/chara-4.html

植物の上陸作戦=シャジクモの辿った道
坂山 英俊 神戸大学大学院理学研究科

藻類の多様性と系統
バイオディバーシティ・シリーズ
岩槻邦男、馬渡峻輔 監修、千原光雄 編集、裳華房、1999

2017年11月 6日 (月)

ボルボックス(Volvox sp.)の雑学

甲殻類と土壌生物の画像集の更新が終わったので、
最近は藻類のデータ整理を始めました。
去年から今年にかけて撮影した画像です。

 

久しぶりのボルボックス(Volvox sp.)の画像です。


_1

 

石田精華園さんで購入した田土から発生しました。
ということは乾いた土の中でもボルボックスは休眠できるのですね。
この土からは他にもシャジクモや、ホウネンエビカイエビが発生しました。

 

_2


ボルボックスの特徴は緑色の小さな点が集合していることですが、
この点は何なのでしょうか?
拡大してみましょう。

 

_3

はい、このとおり、緑色の点は個々の細胞です。
日本淡水プランクトン図鑑によれば、
ボルボックスの細胞数は500~20,000だそうです。

 

ボルボックスはこれらの細胞が群体を作っています。
正確には“定数群体”と呼ばれるもので、
生殖細胞が決まった回数だけ分裂して細胞を増やし、群体を作っています。
個々の細胞が適当に分裂して細胞数を増やすのではないところが特徴です。

 

“定数群体”の藻類は、細胞数が2の倍数であることが特徴です。
群体を形成する細胞が同じ回数だけ分裂するので、
細胞数が2の倍数になります。
例えば、クンショウモの細胞数は4, 8,16,32,64であることが多いです。
それぞれ2回分裂、3回分裂、4回分裂、5回分裂、6回分裂でできた群体です。

 

_4

左は細胞間隔が狭く、右は広くなっています。
細胞の間には橋のような構造がありますが、
右の群体ではこの橋のような構造が長く伸びています。

 

細胞の距離を広げれば群体を大きくできます。
後述するように、ボルボックスは親群体の内部に娘群体を入れているので、
娘群体を複数入れておくには大きな容積が必要です。

 

個々の細胞には他の藻類と同じく葉緑体やピレノイドがあります。


_5


上の写真は少しずつフォーカスを変えて撮影した画像です。
細胞の中にあるリング状の物体がピレノイドです。
右下の画像でよく見えています。
ピレノイドは藻類の細胞に特徴的な構造です。
二酸化炭素の濃度を高めて、炭素固定を効率的に行うなどの機能があるそうです。

 

ボルボックスの細胞には眼点もあります。

_6

左右の写真は同じ場所を撮影した画像ですが、
フォーカス位置が異なります。
左の写真のようにフォーカス位置を変えると眼点が見えてきます。
赤~オレンジ色の粒状の構造が眼点です。
ボルボックスは個々の細胞で光を感じています。

 

細胞と細胞の間には寒天質があります。
寒天質は透明ですが、よく観察すると多角形の構造があります。

_62

この写真はコントラストを高くしたもので、
左の写真をよく見ると細胞の周りに多角形の構造があります。
右の写真は多角形の構造をピンク色の線で上書きしたものです。
日本淡水プランクトン図鑑のVolvox globatorのイラストでは
多角形のイラストが繊細に記載されていて、
“表面から見ると多角形の集まりに見える”との記述もあります。
位相差顕微鏡を用いれば、もっとよく見えるのかもしれません。

 

次にボルボックスを横(断面)から見てみましょう。

_7

寒天質の皮膜の内側に沿って細胞が並んでいることが分かります。
ボルボックスの細胞は表面に1層あるだけで、
球体の内部には細胞はありません。
(娘細胞の群体はあります。)

 

倍率的にちょっと厳しいですが、
写真をトリミングして個々の細胞を拡大してみました。

_8

寒天質の表面に近い側に眼点、反対側にピレノイドがあります。
ボルボックスの細胞は、5μm~10μmくらいです。

 

_2_2


この写真のボルボックスの中には、やや大きな球状構造が入っています。
これは娘群体(子供の群体)です。

 

_9

_10

娘群体を拡大した画像です。
群体表面には隙間無く細胞が敷き詰められています。
親群体に見られるような細胞を繋ぐ橋のような構造はありません。

 

_11

こちらは、もっと小さな娘群体です。
細胞数が少ないです。
群体全体が薄い膜のような構造に包まれています。
これは生殖細胞の細胞膜と思われます。
他の定数群体の藻類でも、例えばイカダモなどでも
親細胞の中で細胞分裂が進みます。

 

_12

こちらも初期の娘群体を撮影した画像です。
この段階では細胞数を増やすことで群体の大きさが大きくなっていきます。

 

ところで、多くの定数群体の藻類(クンショウモイカダモパンドリナ)は
全ての親細胞の内部で娘群体が作られますが、
ボルボックスでは特定の生殖細胞の中で群体がつくられます。

 

体細胞と生殖細胞を区別することは多細胞化の第一歩かもしれません。
より進化した段階になると、生殖細胞を支援する細胞群が現れます。
次回は、そのような段階のシャジクモを紹介したいと思います。

 

ボルボックスの他の画像は、
ねこのしっぽ内の“ボルボックスの画像集”もご覧ください。

2017年10月22日 (日)

東京湾サンプリング 2017年10月 葛西臨海公園

葛西臨海公園で夜間のプランクトン採取を行いました。
東京湾は波が静かなので夜の採取はやりやすいです。

懐中電灯で海の中を照らすと大量のアミが泳いでいるのが見えました。
尾節を切り離して詳細に観察したところ、
ニホンイサザアミ(Neomysis japonica)であることが分かりました。

10211_01
日本海岸動物図鑑によれば、
ニホンイサザアミは浜名湖、東京湾、富山湾、最上川河口などから
見つかるそうです。
淡水の影響があるところに生息しているみたいですね。
佃煮の原料になるそうです。
こちらは雄のニホンイサザアミで第4腹肢が長く伸びています。

10211_02
こちらも雄のニホンイサザアミです。
日本海岸動物図鑑によれば、最大16mmになるそうですが、
今回採取したものは、そこまで大きくありませんでした。

10211_03
上の写真は雌のニホンイサザアミです。
腹肢が退化的です。

10212_01
クーマも採取できました。
ただ、種類が分かりません。
この種は以前にも採取していて、
そのときはニシキクーマかと推測していたのですが、
尾節を観察したところニシキクーマとは違うようです。
情報収集が必要です。

10213_01
ヨコエビも採取できました。
小型の個体のため第1咬脚が小さいですが、
ニホンドロソコエビ(Grandidierella japonica)です。
東京湾の代表的なヨコエビですが、東京湾で採取したのは初めてです。

10214_01
エビです。
たまたま網に入ってきました。
スジエビのなかまですが、腹部に筋状の模様がなく、
点紋があるのでユビナガスジエビ(Palaemon macrodactylus)と思います。

Photo
昼間のサンプリングでも見つかりますが、
カイアシも見つかりました。

カラヌス目と思われますが詳細不明です。
東日本震災一ヶ月後に茨城県涸沼で採取した種に似ています。
淡水の影響を受けるところに生息している種かもしれません。
なんとかして同定したいですね。

02
こちらもカイアシです。
生殖節がよく発達しています。
ハルパクチクス目に似ていますが、どうでしょうか。
この種も東日本震災一ヶ月後に茨城県涸沼で採取した種に似ています。

甲殻類以外のプランクトンも採取できました。

10215_01

こちらはヤムシです。
日本産海洋プランクトン検索図説では原生矢虫綱(Class Sagittoidea)、
ウィキペディアでは毛顎動物(Chaetognatha)とされています。

10215_02

頭部の拡大画像です。
小さな眼(眼色素)が特徴的です。

10215_03

別の個体の頭部です。
顎毛と呼ばれる牙のような構造があります。

ねこのしっぽラボのホームページでは
藻類、甲殻類、珪藻、土壌生物を中心にまとめていますが
こういったマイナーな生物も紹介しないといけないですね。

2017年10月15日 (日)

東京湾サンプリング 2017年9月 お台場

9月に東京湾(お台場)で夜間サンプリングを行いました。
金曜の夜のお台場はカップルでいっぱいでしたが、
そこに作業服+ヘッドライト姿で乗り込みました。

プランクトンネットではゾエアが大量に採取できました。
少数ですが、ウオジラミも採取できました。
ウオジラミを採取したのは初めてです。

岩の上には大きなフナムシ、
波打ち際にはヨコエビ(フサゲモクズ)がいました。

さて、ウオジラミです。


01

金魚などの淡水魚に寄生するチョウという甲殻類も
“ウオジラミ”の別名をもっているので紛らわしいですが、
今回紹介するウオジラミは海水魚に寄生するカイアシ
(Calididae;カリグス科)のなかまです。
ウオジラミは普通は魚の体表に寄生して体表から
粘液や血液を食べています。
なので、プランクトンとして見つかることは希だと思うのですが、
今回は複数個体見つかりました。

02

こちらもウオジラミです。
種や属レベルの同定は不勉強でよく分からないです。

03

こちらもウオジラミです。
上の写真のウオジラミと形態が異なっているので
最初は雌雄の差かと思ったのですが、
どうやら種が違うようです。
Nob!!氏のブログ、“Nob!!の勝手に甲殻類 ~ミジンコからタカアシガニまで~
続・ウオジラミ のページで紹介されている
Caligus undulatus Shen & Li, 1959に形態が良く似ています。
Nob!!氏は東京湾でプランクトンとして採取したそうなので、
採取場所も、採取したシチュエーションも良く似ています。

031

こちらはCaligus undulatusと思われるウオジラミの先端部分です。
眼のように見えるのは吸盤なんだそうです。

032

こちらは裏側の顎脚を拡大した画像です。
これで魚にしがみついたりするのでしょうか。

04

こちらは同時に採取したウオジラミの幼生(Copepodid)です。
幼生まで見つかったので、ウオジラミがこのあたりで
繁殖しているのは間違いないでしょう。

Photo

さて、こちらはウオジラミと同時に採取したゾエアです。
というか、お台場の海はゾエアだらけでした。
近場でカニの産卵があったのでしょう。

_

こちらは岩の上で採取したフサゲモクズ(Hyale barbicornis)の雄です。
まとまった数が採取できたので雄雌の解剖もできました。

__2

こちらはフサゲモクズの雌です。
雄と比較すると第2咬脚が小さいです。

次回は葛西臨海公園です。

2017年10月 1日 (日)

宮城県牡鹿半島と万石浦周辺サンプリングの続き

ずいぶん間が開きましたが、宮城県牡鹿半島と万石浦周辺サンプリングの続きです。

まずヨコエビの続きです。


01

ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe sp.)と思います。
わりとよく見つかるヨコエビです。

02

小型ですが、フサゲモクズ(Hyale barbicornisと思います。
第2触角に剛毛が密生していることが特徴です。
こちらも、わりとよく見つかるヨコエビです。
奥松島で採取したのですが、大型の個体は見つからず、
小型のものだけが採取できました。

03

アゴナガヨコエビ科(Pontogeneiidae)です。
遊泳力の強いヨコエビで、夜間のネットサンプリングでもよく見つかります。
昼間は海藻に付着しているようで、海藻をパシャパシャすると採取できます。
第2触角の柄部には青色の模様がありますが、
このタイプのアゴナガヨコエビは日本各地から見つかります。
体が透明で生きているときは内蔵が透けて見えます。
眼が大きいことも特徴です。

次はエビです。

01_2

小型のテッポウエビです。
干潮時の干潟で採取しました。
テッポウエビを採取したのは実は初めてです。

02_2

スジエビモドキ(Palaemon serrifer)です。
牡鹿半島で採取しました。
関東周辺では三浦半島に生息しています。
近縁種にイソスジエビ(Palaemon pacificus)がいますが
共存することは少ないようです。

ヤドカリです。

01_3

ユビナガホンヤドカリ(Pagurus minutus)と思われます。
普段、ヤドカリはあまり採取しないのですが、
たくさんのヤドカリがいたので採取したところ本種でした。
採取時はホンヤドカリ(Pagurus filholiだと思っていました。

Photo

カニ類のメガロパ幼生です。
種の同定は難しいです。

続いて等脚目です。

01_4

スナホリムシです。
遊泳力が強くピペットなどでの採取は難しいです。
夜間のネットサンプリングで採取できます。
珍しいものでは無いと思うのですが、採取は久しぶりです。
砂浜で採取しないからかもしれないですね。

02_3

イソコツブムシ(Gnorimosphaeroma rayi)です。
普通種ですが、大きなものはそれなりに少ないです。

03_2

シリケンウミセミ(Dynoides dentisinus)の雄です。
雄は腹部背面中央に突起がありますが、雌にはありません。
イソコツブムシよりは数が少ないです。

04

ヘラムシです。
種類までは分かりません。

宮城県サンプリングはこれで最後です。
次回、東京お台場サンプリングです。

2017年9月10日 (日)

甲殻類と土壌生物の画像集を更新しました。

1年3ヶ月ぶりに“ねこのしっぽ 小さな生物の観察記録”を更新しました。
今回は2015年~2016年に撮影した甲殻類と土壌生物の画像を追加しました。

甲殻類の画像集は全般的に新しい画像を追加していますが、
特に鰓脚綱と軟甲綱 端脚目 ヨコエビ亜目のデータが増えています。

鰓脚綱はミジンコや、カイエビ、それにホウネンエビを追加しました。

1im160326__2_x5_2560x1920_500m_02

ミジンコ(Daphnia pulexです。
スケールは500μmです。

2im150812_1_x40_2560x1920_01_500m
オオメミジンコ(Polyphemus pediculusです。
スケールは500μmです。

3im160625__19_1_x2_2560x1920_1mm_01
トゲカイエビ(Leptestheria kawachiensisです。
スケールは1mmです。

4im160708__26_2_x1_2mm
ホウネンエビ(Branchinella kugenumaensisです。
スケールは2mmです。

ヨコエビ亜目は、ヒゲナガソコエビ科、ユンボソコエビ科、メリタヨコエビ科、
ハマトビムシ科で、属レベルで同定できた分類群が増えました。

5im160916__1_x1_2560x1920_2mm
ヒゲナガソコエビ科のヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe sp.)です。
スケールは2mmです。
ヒゲナガソコエビ科は他にイッケヒゲナガヨコエビ属(Peramphithoe sp.)
を追加しています。

6im160814__1_x2_2560x1920_1mm
ユンボソコエビ科のブラブラソコエビ(Aoroides curvipesです。
スケールは1mmです。
ユンボソコエビ科は他にもケナガブラブラソコエビ(Aoroides longimerus)、
ニホンドロソコエビ(Grandidierella japonicaなどを追加しています。

7im160716__1_x2_2560x1920_1mm
メリタヨコエビ科のメリタヨコエビ属(Melita sp.1)です。
スケールは1mmです。
ヤシャヒメヨコエビ属(Abludomelitaも追加しています。

8160502_42901__18_x1_2560x1920_2mm
ハマトビムシ科のニッポンスナハマトビムシ(Talorchestia nipponensisです。
スケールは2mmです。
ヒメハマトビムシ(Platorchestia platensis)、
ニホンヒメハマトビムシ(Platorchestia pachypus)、
ホソハマトビムシ(Paciforchestia sp.)も追加しています。

甲殻類の画像集では他にもアミやカイミジンコの解剖なども追加しています。

9im160814__2_x2_2560x1920_1mm
アミ目ヒペレリスロプス属(Hypererythrops sp.)です。
スケールは1mmです。

10crustacea2201010_0002

カイミジンコの解剖です。
詳細はホームページでご確認ください。

土壌生物の画像集は未だ試作段階です。
次の更新くらいで形になると思います。

今のところ、ササラダニトゲダニケダニトビムシのデータがほとんどです。
ただカニムシのデータを入れることができたのは良かったです。

11150523__1_x40_2560x1920_500m_03
カニムシの画像です。
スケールは500μmです。

画像の使用方法は今までと変わらずです。

よろしくお願いします。

2017年8月27日 (日)

万石浦と牡鹿半島のヨコエビ

宮城県牡鹿半島と万石浦周辺サンプリングの続きです。
今回はヨコエビの採取報告です。

01

こちらはケナガブラブラソコエビ(Aoroides longimerus)です。
解剖して第1咬脚、第2咬脚、第3尾肢の形状から確認しました。
牡鹿半島で2匹採取できました。

Photo

ハマトビムシ科です。
海岸から2km内陸の道路沿いの土壌から採取しました。
体長1cm程度です。
日本産土壌動物のマトリックス検索によれば、
オオハマトビムシ(Traskorchestia ochotensis)に近いのですが、
分布域や大きさなどに、かなり疑問が残ります。
ただ、1点、マトリックス検索の分岐を変えるとオカトビムシ
Platorchesita humicola)になります。
こちらのほうが安心感があります(^_^)

その分岐ポイントなのですが、
下の写真をご覧ください。

1

これは第6脚 基節板の写真なのですが、
わかりやすいように基節板だけを外したものが
さらに下の写真になります。

2

矢印の部分を“直角または突起がある”と解釈すると、
オカトビムシに流れて、“滑らかに湾曲する”と判断すると、
最終的にオオハマトビムシに流れます。

そこで、今度は絵合わせで確認するのですが、
日本産土壌動物のハマトビムシの図は詳細なので分かりやすいです。
日本産土壌動物のオカトビムシ(Platorchesita humicola)の
全体図から、第6脚 基節板に着目してみると、
上の写真に似ています。
今回採取したハマトビムシはオカトビムシ(Platorchesita humicola)と
同定して良さそうです。
ただ、日本産土壌動物の記載よりも若干大きいのが気になります。

一方の、オオハマトビムシ(Traskorchestia ochotensis)の図とも
比較してみると第6脚 基節板の形状が違います。

Photo_2

こちらはヒゲナガヨコエビです。
ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe sp.)で良いと思います。

01_2

こちらは万石浦の干潟で採取したメリタヨコエビです。
メリタヨコエビは小川 洋氏の“東京湾のヨコエビガイドブック”が詳しいです。

解剖してみたところ、第1触覚の副鞭は3節、第3腹側板は角張っていて、
第1咬脚は前節の上縁と下縁が突出していて、
第2尾節の背面に6本の棘があり、そして何より、
第2触覚鞭部に剛毛が多いので
ヒゲツノメリタヨコエビ(Melita setiflagella)でよさそうです。

02

こちらも万石浦の干潟で採取したメリタヨコエビです。

第1触覚の副鞭は1節で痕跡的、第3腹側板は丸みを帯びていて
小さな歯状突起が並び、第2尾節の背面に4本の棘があります。
“東京湾のヨコエビガイドブック”と第3腹側板の形状に違いがあるのですが、
シミズメリタヨコエビ(Melita shimizui)に近いです。
シミズメリタヨコエビ?(Melita cf. shimizui)としておきます。

03

こちらも万石浦の干潟で採取したメリタヨコエビです。
雌の個体した見つからなかったので詳細な同定ができないのですが、
第3尾肢の外枝が2節なのでヤシャヒメヨコエビ属(Abludomelita sp.)
としておきます。

Photo_3

こちらは牡鹿半島で採取した所属不明のヨコエビです。
一見、モクズヨコエビ科に似ているのですが、
第3尾肢が完全に双葉で、尾節板に切れ込みが無く、
カマボコ型をしてるところなどが異なります。

そのうち詳細な解剖結果をブログに載せたいと思います。

2017年8月21日 (月)

宮城県(万石浦、牡鹿半島)の微小甲殻類2017年8月

宮城県の牡鹿半島と万石浦周辺にサンプリングに行ってきました。
万石浦には干潟が発達していたそうですが、
東日本震災後は地盤沈下で干潟が水没してしまったそうです。
現在の干潟の微小甲殻類がどうなっているのか気になったので調べてみました。
また、牡鹿半島の海岸生物も調べました。

Dscf3566

万石浦に流入する小河川の河口に生じた三角州です。
前日が大雨だったので流量が増えている可能性があります。
写真は干潮時で、小さな干潟が現れています。

行ってみると小さなカニがたくさんいました。
カニは顕微鏡で観察するには大きすぎるので、
普段は採取しないのですが、
この場所で最も目立つ生き物を調べないのもどうなのか、
と思ったので数匹採取して調べてみました。

01

ハサミに毛の房があるので、どうやらモクズガニ科の幼体のようです。

02

こちらもモクズガニ科の幼体と思われます。
甲羅の模様が違っているのですが、同種かもしれないですね。
この種類が優占種になっていました。

Photo

こちらはコブシガニ科と思われます。
マメコブシガニに似ていますが、甲羅の輪郭が少し異なります。
幼体だからかもしれません。

今回のサンプリングではカニの他にも、多くの甲殻類を採取できました。

今回採取したヨコエビのリストを紹介します。

メリタヨコエビ属(Melita)2種、ヤシャヒメヨコエビ属(雌)(Abludomelita)、
ヒゲナガヨコエビ属(Ampithoe)2種、ケナガブラブラソコエビ(Aoroides longimerus)、
ドロソコエビ属(雌)(Grandidierella sp.)、カマキリヨコエビ属(雌)(Jassa)、
トゲホホヨコエビ(Paradexamine barnardi)、タテソコエビ科、アゴナガヨコエビ科、
フサゲモクズ(Hyale barbicornis)、所属不明種1種、ハマトビムシ科(土壌性)
大雨でなければもう少し頑張れたのですが、
こればかりは仕方がないですね。
写真は次回の更新で紹介します。

その他、ユビナガホンヤドカリ、ワレカラ、イソコツブムシ(Gnorimosphaeroma rayi)、
シリケンウミセミ(Dynoides dentisinus)、スナホリムシ科、
ヘラムシ2種、メガロパ、ゾエア、テッポウエビ科、スジエビモドキ、フジツボ
などを採取しました。

カニとスジエビモドキが1cmを超えるくらいで、
他は数mmの小さな甲殻類です。

さて、今回撮影した最大の甲殻類はこれです。

Dscf3544

どうやらイシガニ(Charybdis japonica)のようです。

Dscf3551

マジックペンに攻撃しています。
普段、顕微鏡サイズのものしか見ていないので恐ろしく大きく見えます。

Dscf3541

写真を撮ろうとすると威嚇してくるので、
なかなか普通の写真が撮れません。

Dscf3539

背後に回っても仰け反って攻撃してきます。

イシガニはワタリガニやガザミの仲間で、美味しいカニらしいのですが、
食べるには小さいし、顕微鏡で撮影するのは大きいし、
大雨が降っていてそれどころでは無かったので、
早々に海にお帰り頂きました。
海に帰ってからも威嚇していました。

そういえば、今回出会った最大の生物は鹿でした。
夜間のネットサンプリングの時に遭遇しました。
イノシシでなくてよかったです。

2017年7月 8日 (土)

“ガタガール”

Photo

小原ヨシツグさんの書かれた“ガタガール”面白かったです。
干潟に甲殻類の採取に行きたくなる漫画です。
ねこのしっぽラボは磯を主な採取ポイントにしているので、
干潟の経験は少ないのですが、干潟にも進出したくなりました。

 

あまりネタばれするのも何なんですが、
印象深いところをコメントします。

 

二巻の第11話の“遭遇”のところで小型甲殻類の夜間サンプリングの話がありました。
お話の中では生物を採取できなかったのですが、
これは実は理由があるかも知れません。

 

汐ちゃんは普段使いよりも目の細かい3mm目の網を用意しましたが、
実はこれでも目が大きすぎると思います。
夜間に泳ぎだすヨコエビやクーマ、アミ、ワレカラといった生物は、
大きいもので長さは数mmから1cm程度になりますが、
何しろ細いので3mm目の網は通過してしまうと思います。
いわゆるプランクトンネットのほうが良かったですね。
金魚用のアミでも代用できると思います。

 

ねこのしっぽラボはストッキングで作ったランクトンネットを使用しています。
プランクトンネットなら1mm程度の貝虫や、カイアシ、ゾエア、メガロパ、
コツブムシやキクイムシも採集できたことでます。
ウオノエなどの寄生性甲殻類の幼生も採取できます。
砂浜が近くにあるような環境ならばスナホリムシやコノハエビが稀に見つかります。

 

あと、干潟に潮が満ちた場所で採取していましたが、
経験的には港湾のような水深の深い場所や、
少なくとも干潮時でも水没している場所のほうが多く採取できるようです。
あと、街灯の近くであれば懐中電灯で海面を照らす必要もないかも、です。

 

そうはいっても本当に何も採取できないこともあるので、
汐ちゃんには何回かトライしていただいて、
良い採取ポイントを見つけてもらいたいです。

 

やっぱり長期連載が必要ですね。
期待しています!

«新潟サンプリング(糸魚川~柏崎)2017